発起人、満安諏美さんとの出会い

私自身は、抗がん剤治療も脱毛の経験もありません。実際、がんの治療中は、どんな心境になって、どのように体調が変化していくのか、がんという病気に向き合うとはどんな気持ちなのか・・・正直、想像することしかできません。

実は、私自身、10年前に生死にかかわる病気にかかったことがあります。その時は、治療のことも、仕事のことも、これからの人生についても悩みました。

がん治療での問題点ももっと知りたいと思って、がんの経験者(サバイバー)に会いに行きました。その方がウィッグリングの発起人となった満安諏美さんです。

「いち誰が病気の当事者になるかわからないからこそ、病気になっても不安が少ない社会を創りたいよね」この想いが一致しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

PAGE TOP