第74回 カフェで学ぼうがんのこと「喫煙と肺がん、免疫治療薬オプシーボのお話」

東公一先生(久留米大学医学部内科学講座呼吸器・神経・膠原病部門講師)

直接でしか聞けない貴重な裏話? などのお話を聞かせていただきました!

喫煙とがん

 
肺がんは、がんの中でも再発を繰り返しやすく、治りにくいがんのひとつです。

タバコがもたらす弊害についての啓発が活発になってからは喫煙者が減り、肺がんの罹患率、特に女性患者は減少傾向にあります。

一方、タバコを吸わない人が肺がんを患う場合、家族の誰かが吸っていることがほとんどで、誰も吸っていなくても職場に喫煙者がいると、喫煙者が吐き出す煙やタバコの先から出る副流煙が罹患率に大きく関係します。

また、喫煙以外ではアスベストやPM2.5など、大気汚染も肺がんに影響し、実際中国では肺がん患者が多いと言われ仕事環境によって罹患リスクが高い職業もあるとのことです。

東 公一先生(久留米大学医学部内科学講座呼吸器・神経・膠原病部門講師)

免疫療法の正しい知識を学ぶことができ、色々とこれから希望が見えてきそうです

オプシーボの話

これまでの抗がん剤は、“毒をもって病気を制す“タイプで、副作用として脱毛、吐き気、心臓への悪影響、皮膚の炎症、倦怠感等があり、5~10年後に2次がんになる可能性もあります。

20年前は免疫療法に効果がないと言われていた時代もありましたが、免疫チェックポイント阻害剤が出てから、全く効果のなかったものに効果が見られるようになりました。

ノーベル賞で話題になったオプシーボは、2割ほどの効果でしたが、驚くほどの治療効果の見られる有効な薬であります。非常に高額であることと、様々な副作用が表れるのでコントロールが大変ですが非常に有効な薬です。

先日のノーベル医学・生理学賞受賞後に「オプシーボ」という言葉をよく耳にします。劇的な効果が表れた生の症例を聞くことができ、がん治療にも希望の光が見えました。

参加者からも、このタイミングで最新情報を聞くことができて良かったとの感想。喫煙者にとって耳の痛い言葉ですが、自分自身と周りの健康のためにも今一度タバコについて考えてみてはいかがでしょうか。

 日  時 :2018年10月18日(木)15:30~17:00 
 講  師 :東 公一先生(久留米大学医学部内科学講座呼吸器・神経・膠原病部門講師)
 参 加 費 :1500円(ドリンク、お菓子付き)
 会  場 :タカラ薬局天神7階セミナールーム(福岡市中央区天神5丁目7-7)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. よつばの杜クリニック伊藤さおり先生
  2. 久留米大学 産科婦人科学教室 講師 津田尚武先生
  3. 医療法人にゅうわ会 及川病院 及川将弘先生
PAGE TOP