12月18日は「カフェで学ぼうがんのこと」祝100回セミナー開催のお知らせ

いよいよ12月がやってきました!

今年はこれまでと違う、年末年始の過ごし方になりそうですね。

今日は12月18日(金)に、なんと!100回目を迎える「カフェで学ぼうがんのこと」のご案内です。

記念回に相応しく、お迎えする講師は久留米大学先端癌治療センター所長 教授 山田 亮先生。

先生のお話は「すごくわかりやすい!」と毎回好評です☆

テーマは、「コロナ禍のがん医療とインフルエンザ対策」。

コロナ第三波と言われて、まだまだ不安な日々を過ごすことになりそうです。もともと基礎疾患があったり、がんの治療を受けた方は特にウイルスに対して、どこまで気をつけたらよいのか、正しく知ることがまずは大切です。

今、いろいろと飛び交っているマスコミの情報に振り回されることなく、専門家のお話を直接聞いてみませんか?

内容はコロナ禍でのがん医療がベースですが、あわせて、この時期ならではのインフルエンザ対策もお話しいただきます。

山田先生のご専門が「免疫学」でいらっしゃるので、免疫をあげ、保つことの重要性やウイルスはどうやって感染するのかなどの基本的なことから学ぶことができます。

【セミナー内容】
第100回カフェで学ぼうがんのこと
テーマ:「コロナ禍のがん医療とインフルエンザ対策」
講 師:山田 亮先生(久留米大学先端癌治療センター所長 教授)
日 時:2020年12月18日(金)15:30~17:00(受付15:15)
参加費:1,500円(資料付)
対 象:どなたでもご参加できます。

☆会場参加とオンラインが選べます

お申し込みはこちらから

医療セミナー「カフェで学ぼうがんのこと」は、ほぼ毎月、久留米大学先端癌治療センターと一緒に開催してきました。

第1回目から、ウィッグリングジャパンの副代表理事でもある山田 亮先生に「100回までがんばろうね!」と励ましていただきながら伴奏していただき、新日本製薬さんなどの企業の方々や個人の方からも協賛やご寄付をいただいています。そして何よりセミナーにご参加くださったみみなさま。

そんなみなさまのおかげでこの度、100回を迎えることができます。

本当にありがとうございます!

皆様のご参加をお待ちしております。

12月7日西日本新聞の朝刊で「カフェで学ぼうがんのこと」が取材されました!

この医療セミナーの最大の魅力は先生のお話を聞いた後で、「わからないことを直接質問できる」ということです!

参加している方も、同じテーマに興味がある方ばかりなので、お互いの質問によって学びを深めることができます。

詳しくは12/5(月)のウィッグリングチャンネルで!!
★ウィッグリングチャンネルは毎月月初めの月曜日12時〜配信しています♪

https://www.facebook.com/wigringjapan/

先生と私たちの距離が近くなれる場になれればいいなぁと思っています。

「医療セミナー」といったらどうしても堅苦しいイメージになりますが、お茶菓子を食べながら、アットホームな雰囲気で質問もしやすい空間づくりを私たちもつとめていますので、気軽にお越しいただければ嬉しいです。

会場参加(福岡市)か、オンラインでの参加も可能です。

クラウドファンディング始まりました!

https://camp-fire.jp/projects/view/339685

私たちは女性のがんの患者さんの外見のケアを10年間続けてきました。

主にがん患者さんが抗がん剤治療の副作用で脱毛されたとき、
かつらのレンタルをおこなっています。
しかし、医療の進歩とともに、ウィッグを卒業してからの
髪の毛の生え具合や髪質の悩みを多く聞くようになりました。
そこで私たちは「闘病を乗り越えたその先も応援したい!」という想いから、
頭皮の美容液「髪まもり」、爪の美容液「爪まもり」を作りました!

「髪まもり」は頭皮を元気にして、元気な髪の毛を育てるアロマヘアエッセンスです。
「爪まもり」はお湯でオフできるほど優しく爪を守る美容液です。

これらを先行販売ということでお得に購入できるクラウドファンディングを始めています。

ぜひともご支援宜しくお願い致します\(^o^)/

クラウドファンディングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 2011年5月30日(月)西日本新聞朝刊
  2. 古賀 浩徳先生(久留米大学医学部消化器内科 消化器先端医療研究部門教授)
PAGE TOP