ウィッグ(カツラ)が想いをつないだ瞬間

治療を開始したばかりの幼馴染に連絡して、私の事務所に来てもらって、Sさんから預かったカツラを渡しました。

「似合うかわかんないけどね、私の友達がこのカツラで治療を乗り越えたんだって、不安がいっぱいだと思うけど、抗がん剤治療が終われば、髪の毛も生えてくるからがんばってね、って言ってたよ」幼馴染は、しばらく無言でした。

でも、そのあと「かぶってみよーっと!!」と手渡したカツラを持ってトイレに行って、カツラをかぶって出てきました。「まだ髪の毛があるけん、上手にかぶれないなー。なんだか別人みたいだね!」と笑いながら。

「髪の毛がなくなる実感がまだないけど、脱毛したら使わせてもらうね。ありがとう!」幼馴染の表情が少しだけ明るくなったような気がしました。

それからしばらくして、幼馴染から連絡がありました。「やっぱり髪の毛が抜けてきたよ。少しずつだけどね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

PAGE TOP