私たちについて

活動概要

2010年7月。ウィッグリング・ジャパンは活動を開始しました。

昔から、「髪は女の命」と言われます。がん治療に有効とされる抗がん剤治療ですが、副作用として「脱毛」する場合が多いのもまた事実です。

女性にとって髪を失うことで受ける精神的ダメージは計り知れません。また、その「脱毛」をサポートするウィツグ。これは、女性にとっての大きな心の支えになるものですが、医療用かつらは高額のものが多いため、
抗がん剤治療を進めていく上ではかなりの経済的負担となってしまいます。抗がん剤に立ち向かう心と身体の負担、そして、脱毛することで受ける精神的負担。

それを軽減しようと私たちは活動をはじめました。

ウィッグリング・ジャパンの活動は、がん治療を終えた患者様から使用していたウィッグをご提供いただき、今まさにがんと闘う女性たちへと再提供するサイクルとなっています。がん治療を乗り越えたサバイバーの皆様から、闘病する女性へウィッグを提供することでがんと闘う勇気を繋ぎ、笑顔と希望を届けます。そして女性としての自信や喜びを取り戻していただきたいと私たちは願っています。

ウィッグが勇気のバトンになります。

その他にウィッグリング・ジャパンでは治療中に必要になる商品の紹介、新品のウィッグの販売、また、医療セミナーを通じてヘルスケアと医療に関する情報提供など、様々な形でがんと闘う女性をサポートしていきます。

皆様のご協力をよろしくおねがいいたします。

NPO法人ウィッグリング・ジャパン 代表理事

スタッフ紹介

山田 亮(やまだ あきら)

理事

“がん”に対する治療法の開発は目覚ましい発展を遂げていますが、一方で未だ多くの方が“がん”で命を落とされています。がん患者さんのもとに一日も早く有効な新しい治療法を届けたい!そんな想いで大学で日々研究を行っています。患者さんの役にたちたいという想いはウィッグリングも同じ。二人に一人が“がん”に罹るこの時代、誰もが住みやすい明日を創るには、みんなに“がん”についてもっと知ってもらい、何をすべきか、何が自分にできるかを考えてもらうことが大切です。そんなきっかけの場を毎月提供しています。誰でも気軽に参加できるセミナー、「カフェで学ぼう“がん”のこと」でお会いしましょう!

満安 諏美(みつやす すみ)

理事

2010年のウィッグリング・ジャパンの立ち上げ当初から関わらせていただいています。主にサロンのスタッフとしてウィッグの試着・選定や病気の悩みを聞いたり、生活上の相談を受けたりしています。
また、人工乳房についてのアドバイスもしております。私は、30代で乳がんを発病し、その後、2度の肺がんを乗り越えました。経験者として、がんになった切なさも悔しさも分かります。帽子を深くかぶり、下を向いてサロンを訪れた患者さんが、「私たちの存在で元気に羽ばたいてくれたら」という想いで、外見のケアだけでなく心のケアも大切だと思って活動しています。似合うウィッグをつけて笑顔で帰っていく様子をみると嬉しいです。身体不健康!でも、こころは元気!一度きりの人生だから大切にいきましょう!

城戸 美智子(きど みちこ)

理事

私がウィッグリング・ジャパンに入り5年が経ちました。きっかけは、大切な人のがん告知を受け治療の為、女性の命でもある髪の毛を失う姿があまりに衝撃的で悲しくこれから
始まるがんとの闘いと現実でした。その時に、医療用ウィッグを知り、あまりの高額に驚きました。
がん治療を終えた患者さんから使用していたウィッグをご提供して頂き、現在がんと闘っている患者さんにウィッグをレンタルする活動に感銘を受け、「私も何かお手伝いしたい」と思い会員になりました。一人の力では出来ない事でも、元患者さんや患者さんたちのコミュニティーになっているサロンでは、皆さま本当に前向きで明るい方ばかりで私の方が元気や勇気を頂いております。「私も何かしたい」と思われている方、是非ピアサポーターになりませんか?一人でも多くの方へこの活動を知って頂けたらと思っております。

吉田 俊郎(よしだ としろう)

理事

普段、仕事をしている中で、多くの方に支えられているにも関わらず、自分は誰かのお役に立つような社会貢献をしているという実感がありませんでした。
何か自分にできることがないかと考えていた時、「あなたが誰かを、誰かがあなたを、今日を支えるチカラになる」というウィッグリング・ジャパンの活動を知り、参加することになりました。この活動を通して、がん患者の就労支援の必要性、がんと仕事の両立などの社会の課題を知ることができ、社労士としての学びの機会もあります。
また、ウィッグリング・ジャパン内での私の役割は、盛り上げ役です。感謝祭やチャリティーイベントである卓球大会やボーリング大会等ではウィッグを被って奮闘しています。(笑)
微力ではありますが、これからも盛り上げていきます!

原口 孝子(はらぐち たかこ)

理事

美容師の資格を活かして、設立時よりかつらの試着(フィッティング)を主に担当しています。
実母を7年前に乳がんで亡くしましたが、当時の私はがんに対する知識もなく、何もしてあげられなかったと思っていました。そんな想いから、ウィッグの試着の時には、母に接するような気持ちで、皆さんが笑顔になるお手伝いを行っています。そして、改めて「外見のケアが持つチカラ」を感じています。
また、「カフェで学ぼうがんのこと」では、私のように知識のない方、またはそのご家族の不安を取り除く知識を学べます。
これからもウィッグリングの活動を通じて多くの人に笑顔に届けたいと思います。

受賞関連

  • H25.10月ふくおか共助社会づくり表彰式「協働部門賞」受賞
  • H23.4月 国際ソロプチミスト アメリカ日本南リジョン 第25回リジョン大会 ルビー賞受賞
  • H23.2月 国際ソロプチミスト福岡-西 クラブ賞受賞
  • H22年 ふくおか共助社会づくり表彰 「共助社会づくり奨励賞」受賞

貸借対照表の公告

NPO法改正に伴い、2018年(平成30年)10月1日からの貸借対照表の公告が義務化されました。それに伴い、当団体では電子公告として法人のホームページに掲載いたします。

・2017年度貸借対照表

アクセス

◆ウィッグリング・ジャパン事務局/フィッティングサロン会場◆
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-2-13 サンベアービル3F
NPO法人 ウィッグリング・ジャパン
TEL 092-725-6623 (電話受付時間:月~金 午前10時~午後5時)
FAX 092-725-6643  Email:japan@wig-ring.info
(不在の場合が多く、折り返しのご連絡に時間がかかります。また、急ぎの対応はできませんので、ご了承ください)

PAGE TOP