ウィッグリング応援メッセージ

日頃より多くの皆様にご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございます。

おかげさまで、多くの方からお問合せをいただき、ウィッグレンタルをご利用される患者様、提供頂くウィッグ数も年々増え、多くの方を支援できていることを心より感謝申し上げます。

これからも心を込めてがんばって参ります。今後共ご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

ウィッグリングの輪

黒木クリニック 乳がん看護 認定看護師  山下 真里子さん
医療技術が進歩し治療が多様化しているので、治療選択に悩む患者さんが多いように感じます。また、検診を受けることは大事なことですが、普段から身体の状態、乳房の状態に関心を持ってほしいです。

家族歴、適齢もありますが、まずは自分を知ることで変化に気づくことができます。ぜひ定期的に乳房のセルフチェックをしてほしいですね。

乳がん看護認定看護師を取得したきっかけ

九州大学病院に入職し、がん看護にやりがいを感じ外科を希望しました。外科の中でも乳腺外科は入院期間が短く患者さんとお話できる時間が短かったので、患者さんへの対応力、知識量が不十分であることに、もどかしく感じていました。

乳腺専門の黒木クリニックの開院スタッフとなったことをきっかけに、改めて乳がんに関する知識、経験を学びたく千葉大学大学院の乳がん看護認定看護師教育課程へ進学しました。6ヶ月間で615時間の講義と研修を受け、2012年に乳がん看護認定看護師取得。資格をとってからは、手術前後の不安や相談にも自信をもって対応できるようになりましたし、院内のスタッフの育成や指導も積極的に行っています。

WRへのコメント

同じ病気や同じ年代など同じ立場の人とのつながりは心強いだろうと思います。外見ケア、心のケアは、医療者の届かない部分ですので、たくさんの方々の力となれるよう応援しています。

黒木クリニック
住所:福岡市東区箱崎1-3-6
電話:092-631-2311
http://kuroki-clinic.com/


久留米大学病院腫瘍センター センター長  鳥村 拓司 先生

久留米大学病院腫瘍センターについて

久留米大学病院腫瘍センターでは、がんに関する情報の提供と、各医療機関との連携強化、病気に悩む患者さんのサポート、心の支えになることを目指し、がん患者さんとご家族が安心して治療に向かい合えるようにサポートしています。

医療現場の関わりのみならず、具体的には生活や暮らしに役立つセミナー、外見のケア、がん患者さんとご家族が自由に交流できるサロンの運営などを行っています。患者診療を行う部署ではありませんが、久留米大学病院内での情報共有、チーム医療の要となっており、がん患者さんの治療方針を検討したり、がんに関する情報を発信するなど、がん患者さんとご家族を側面的にサポートする役割があります。

WRへのコメント

「外見のケア」は、治療に対して気持ちが前向きになる要素として大変重要なことだと認識しています。
外見のケア、心のケアのサポートに関して、患者様が安心して治療にのぞめるように、医療業界のみならず、企業、行政、患者会、NPOなど社会全体で連携して支援していきましょう。

久留米大学病院腫瘍センター
住所:〒830-0011 福岡県久留米市旭町67番地
https://www.kurume-syuyou.jp
がん相談支援センター
電話:0942-31-7903(平日9:00~16:30)

ウイッグリング支え隊(ピアサポーター)

山田 亮(やまだ あきら)

理事

“がん”に対する治療法の開発は目覚ましい発展を遂げていますが、一方で未だ多くの方が“がん”で命を落とされています。がん患者さんのもとに一日も早く有効な新しい治療法を届けたい!そんな想いで大学で日々研究を行っています。患者さんの役にたちたいという想いはウィッグリングも同じ。二人に一人が“がん”に罹るこの時代、誰もが住みやすい明日を創るには、みんなに“がん”についてもっと知ってもらい、何をすべきか、何が自分にできるかを考えてもらうことが大切です。そんなきっかけの場を毎月提供しています。誰でも気軽に参加できるセミナー、「カフェで学ぼう“がん”のこと」でお会いしましょう!


満安 諏美(みつやす すみ)

理事

2010年のウィッグリング・ジャパンの立ち上げ当初から関わらせていただいています。主にサロンのスタッフとしてウィッグの試着・選定や病気の悩みを聞いたり、生活上の相談を受けたりしています。
また、人工乳房についてのアドバイスもしております。私は、30代で乳がんを発病し、その後、2度の肺がんを乗り越えました。経験者として、がんになった切なさも悔しさも分かります。帽子を深くかぶり、下を向いてサロンを訪れた患者さんが、「私たちの存在で元気に羽ばたいてくれたら」という想いで、外見のケアだけでなく心のケアも大切だと思って活動しています。似合うウィッグをつけて笑顔で帰っていく様子をみると嬉しいです。身体不健康!でも、こころは元気!一度きりの人生だから大切にいきましょう!


城戸 美智子(きど みちこ)

理事

私がウィッグリング・ジャパンに入り5年が経ちました。きっかけは、大切な人のがん告知を受け治療の為、女性の命でもある髪の毛を失う姿があまりに衝撃的で悲しくこれから
始まるがんとの闘いと現実でした。その時に、医療用ウィッグを知り、あまりの高額に驚きました。
がん治療を終えた患者さんから使用していたウィッグをご提供して頂き、現在がんと闘っている患者さんにウィッグをレンタルする活動に感銘を受け、「私も何かお手伝いしたい」と思い会員になりました。一人の力では出来ない事でも、元患者さんや患者さんたちのコミュニティーになっているサロンでは、皆さま本当に前向きで明るい方ばかりで私の方が元気や勇気を頂いております。「私も何かしたい」と思われている方、是非ピアサポーターになりませんか?一人でも多くの方へこの活動を知って頂けたらと思っております。


吉田 俊郎(よしだ としろう)

理事

普段、仕事をしている中で、多くの方に支えられているにも関わらず、自分は誰かのお役に立つような社会貢献をしているという実感がありませんでした。
何か自分にできることがないかと考えていた時、「あなたが誰かを、誰かがあなたを、今日を支えるチカラになる」というウィッグリング・ジャパンの活動を知り、参加することになりました。この活動を通して、がん患者の就労支援の必要性、がんと仕事の両立などの社会の課題を知ることができ、社労士としての学びの機会もあります。
また、ウィッグリング・ジャパン内での私の役割は、盛り上げ役です。感謝祭やチャリティーイベントである卓球大会やボーリング大会等ではウィッグを被って奮闘しています。(笑)
微力ではありますが、これからも盛り上げていきます!


原口 孝子(はらぐち たかこ)

理事

美容師の資格を活かして、設立時よりかつらの試着(フィッティング)を主に担当しています。
実母を7年前に乳がんで亡くしましたが、当時の私はがんに対する知識もなく、何もしてあげられなかったと思っていました。そんな想いから、ウィッグの試着の時には、母に接するような気持ちで、皆さんが笑顔になるお手伝いを行っています。そして、改めて「外見のケアが持つチカラ」を感じています。
また、「カフェで学ぼうがんのこと」では、私のように知識のない方、またはそのご家族の不安を取り除く知識を学べます。
これからもウィッグリングの活動を通じて多くの人に笑顔に届けたいと思います。


ピアサポーター芝尾紀子さん芝尾法子さん(大学生)
きっかけは今年の2月、祖母を膵臓がんで亡くしたことでした。祖母には何も出来ずに後悔したので、「私にも何かできることはないか」と、インターネットで検索し、ウィッグリング・ジャパンの活動を知りました。学生で資格もなく不安はありましたが、すぐに連絡を取りピアサポーター講座を受け、活動させていただくことになりました。
大学では栄養学の勉強をしており、今年の6月から9ヶ月間アメリカへ留学し、最先端の栄養学とがん予防を学び、乳がん啓発団体でボランティア活動をする予定です。
想いだけでなく、栄養の観点からも患者様に寄り添えるよう頑張っていきます。


ピアサポーター瀬村(小宮)しのぶさん瀬村(小宮)しのぶさん(主婦)
和歌山に住んでいますが、帰省の際にWR通信の発送のお手伝いをさせていただいています。高校の同級生であるあい子さんの紹介でタオル帽子ワークショップに参加したことがきっかけです。これまでの活動内容や想いをお聴きしているうちに、何かお手伝いさせてもらいたいと思うようになりました。
特別なスキルもなく、NPOの活動からすれば端っこ中の端っこの作業ですが、このWR通信のお便りが1人でも多くの方の目にとまり、賛同の輪が広がり、チャレンジされている方の背中を支える手の一つになれたら幸いです。サロンでのお手伝いが、帰省の際の楽しみのひとつです。


ピアサポーター水﨑康子さん水﨑康子さん(主婦)
ウィッグリング・ジャパンの活動を知ったのは、ラジオ番組「チアーズスタイル」です。
私自身、昨年の健康診断で乳がんが見つかり、今年の1月に切除手術を受けました。翌月には仕事に復帰。今ではすっかり元通り(よりアクティブ?!)な生活をしています。(笑)
初期で見つかったとはいえ、告知を受けた時の驚きと入院中の家族への配慮、子どもたちにどう伝えるかなど悩んだ時期もありました。この経験を何かの形で活かしたいと思い、ピアサポーターになりました。
これからも、がん検診の重要性を伝えながら、色々と知識を増やして、WRの活動に積極的に参加したいと思っています。


松尾由紀さん
私は、昨年からウィッグリング・ジャパンのピアサポーターとしてウィッグサロンで活動しています。そこでは、患者さまの希望に近いウィッグ選びや試着のお手伝い、届いたウィッグの整理を行っています。たくさんの方々のご厚意により届いたウィッグは、会員様へ心を込めてお渡しし、笑顔を届けるお手伝いになっています。また、私の経営する女性専用美容室では、抗がん剤治療前後のヘアケアも受け付けています。髪のことでお困りの方は、ご遠慮なくご相談下さい。

安心と癒しのプライベートヘアサロンCaminoカミーノ
住所:〒810-0004 福岡市中央区渡辺通5-25-15 地産ビル天神206
電話:070-1340-1381
定休日:不定休
受付時間:9:00~18:30
http://www.camino-salon.com/


ピアサポーター植松さん ピアサポーター植松さん Cots[コッツ]

植松久子さん
(美容師・福祉理美容師・ホームヘルパー2級・障害者(児)ホームヘルパー2級・整容介護コーディネーター)

天神を走る西鉄のラッピングバスでウィッグリングを知りました。以前、友人ががんを患い抗がん剤治療から脱毛の話を聞き、美容師の立場で何か出来る事はないかと考えたとき、帽子を作る事でした。ウィッグリングのお手伝いをして、外見のサポートで元気のお手伝いが出来るのは、美容師の役目だと再確認出来ました。QOLをサポート出来るサロンを目指しています。何でもお気軽にご相談下さい。

Cots[コッツ]
住所:〒810-0021 福岡市中央区今泉1超目10-20 MACビル501
電話:090-4777-9514
定休日:不定休(完全予約制)
受付時間:10:00~18:00


立石幸枝さん
21歳の時、命に関わる交通事故に遭い生死をさまよった経験があります。1週間意識不明で、3度にわたる大手術。そんな辛い経験を経て、「自分は生かされている」と強く感じました。美容師として人をきれいにすることだけでなく、何か人の役に立ちたいという想いから、学生の体験学習の受け入れ、老人ホームの出張ボランティアカット、そしてウィッグリング・ジャパンでは、患者様へのウィッグのフィッティングをお手伝いさせて頂いています。

チアーズスタイルvol.13にてインタビューさせていただきました。

ドアール美容室
住所:福岡県糟屋郡新宮町美咲2丁目17-22
電話:0120-267-063
定休日:月曜日
送迎可・個室有り

ピアサポーター募集

ピアサポーター養成講座

ウィッグのかぶせ方やサロンの流れを丁寧にお伝えします

ピアサポーター養成講座

活動の経緯や概要などを代表の上田より説明

ウィッグリング・ジャパンでは一緒に活動していただける仲間を募集しています。ご都合のよい日程でボランティアとして、サロン運営や医療セミナーの運営スタッフ、広報スタッフとして活躍できます。サポーター登録していただくには、ボランティア活動に対する心構えや基本知識などを学んでいただける無料養成講座を開講しますので、ボランティア初心者の方でも、安心して活動していただけます。

PAGE TOP