人工乳房のご紹介


NPO法人 ウィッグリング・ジャパン チーフアドバイザーの満安スミさんは、30年以上前から乳房の摘出後の外見の変化に悩む乳がん患者に「人工乳房」を紹介しています。

近年は、乳房の再建手術も増えてきましたが、再建手術をせず人工乳房を希望される方がいたらどこへでも走る。それは、ご自身が35年前に乳がんになり、乳房摘出後に「人工乳房」の存在に救われたからと言います。

外見のケアという意味では、「人工乳房」も大きな役割を占めます。「たかが胸だけど、されど胸ですよ!」と患者さんにお話しをする満安さん。

患者だからこそ、胸を張って歩いてほしいと皆さんを勇気付けていました。ウィッグリング・ジャパンでは、人工乳房のお問合せにも対応致します。

詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ウィッグリング・ジャパンラッピングバス
  2. Granmash(グランマッシュ)
  3. 西南女子大学講義20161116
  4. RKBすこやかフェスタ20161010
  5. アピアランスサポート
PAGE TOP