ウィッグリング通信の題字を愛知県の伝筆家 植田美里さんに書いてもらいました!

おしゃれで可愛らしく「輪」をイメージして制作してくださいました!

最新号のチアーズスタイルマガジン/ウィッグリング通信が11月1日に発行されました!
http://8p-cheers.com/style/backnumber/cs_no21.pdf

そのウィッグリング通信の題字を愛知県在住の伝筆家 植田美里さんに書いていただいました。

みなさん、伝筆ってご存知ですか??

伝筆(つてふで)とは・・・

伝筆(つてふで)とは、「想いを伝える」の伝えると、伝(つて)をたどってのご縁という意味の伝(つて)の掛け言葉で、相手へのメッセージを筆で描くことを合わせて伝筆と呼ばれています。
一般社団法人 伝筆協会 https://tsutefude.com/

絵画や写真から元気がもらえるように、文字からも温かい気持ちをいただけるんだなぁ、と美里さんの作品を観ていて感じます。

いろいろな形でウィッグリングをサポート!

今回、コラボに至ったのは・・・

シンプルに美里さんがあい子さんのファンだったから★

先日、出張に行ったときにたまたまお仕事がおやすみだった美里さんと。ダブルうえだ、笑

あい子さんのSNSの投稿をウォッチされていて、すごく素敵ーっ☆とずっと思われていたそう。

どうにかしてあい子さんと絡めないかなと思っていたとき、ウィッグリングジャパンの活動を知って、ホームページをみてみたら支援のお願いが!

「これだーーっ!」

と思って、伝筆でこの活動に関わることができるのでは?! とご連絡をいただきました。

美里さんの活動の売り上げをウィッグリングにチャリティーとして寄付させていただきたいと!
いろいろお話をお伺いしているうちに、コラボ第一弾としてウィッグリング通信の題字のお願いも快く引き受けていただくことに。

これから、ウィッグを借りられたかたや、ウィッグを寄付されたかたへ手書きのメッセージとしてお届けしていきたいな、とも思っていますので楽しみに!!

愛知県でも私たちの活動を美里さんを通じて、必要な方に情報が届けばいいなと思っています^^

今回、サポートする気持ちは場所は関係なく、いろいろなところでいろいろな形のサポートの方法があるんだなぁと、私たちも気づかされました。美里さん、ありがとうございます!

私たちの団体は、協賛してくださっている企業さんや個人の方の好意で成り立っています。ウィッグの寄付や寄付金だけではなく、ご自身の能力や得意なこと、口コミやSNSでのシェアの広報活動などなど、みなさんそれぞれができることを持ち寄ってサポートしていただいているんだなぁと改めて強く感じました。

どのような形でも、協力してくださる方を私たちは常に求めています。

そういう方からこの活動が広がっていくことを望んでいますので、本当に美里さんからのメッセージもそうですが、今後、エリアを超えて活動内容も様々に、多くの協力を得ながらがんの患者さんを孤独にさせない社会をつくって行きたいと思っています。

ご関心がある方がいらっしゃったらぜひ、ご連絡いただけると嬉しいです♪

いろんな協力の方法でこの活動が支えられていることに改めて感謝申し上げます、ありがとうございます!

植田美里さんにはウィッグリングチャンネルにも出演していただきました!

動画では、美里さんの伝筆を始めるきっかけや、作品紹介などもありますので、ぜひ観て見てください♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 県庁がん征圧月刊2017
  2. 福岡県庁ロビー展
  3. ピアサポーター養成講座
  4. Granmash(グランマッシュ)
PAGE TOP